アフィリエイターの記事数はいくら必要?

アフィリエイト記事の理想的な文字数は?1000文字はもう通用しない。

In アフィリエイト by 秋山賢治コメントを残す

「1記事当たり2000文字は書きましょう」

アフィリエイトを教えている人の中には、このような事を仰る方がいます。

最近だと2000文字では少ないから3000文字以上は書きましょう、と言う方もいますね。実際ネットで検索してみると、色々な人が色々な文字数の目安を出しているので、結局アフィリエイトで稼ぐ為には1記事何文字書けばいいのか悩んでしまいます。

そこで今回はアフィリエイトでは1記事当たり何文字を書けば合格なのか、という事について解説を行います。

理想的な記事の文字数とは

率直に言います。アフィリエイトで稼ぐ為に1記事当たり何文字にしておくべきかについて、目安としては2000文字~5000文字程度で考えておけばいいでしょう。

なので難しい仕組みについて考えるのが面倒臭い人は、「1記事当たり2000文字以上を書いておけばいいんだな」と頭に置いておきましょう。

ただしこの文字数の目安に関しての、SEO対策の有効性を示す根拠はありません。

つまりは2000文字書いてもSEO対策に有利に働くというのはアフィリエイター達の経験則に過ぎません。Googleが公式に「2000文字以上を書いたら検索エンジンにブチ上げてあげるぜ」なんていう発表を出している訳ではありません。

2000文字を書けばSEO対策で有利というのは、風邪の時は首にネギを巻いておけば早く治るという民間療法のようなものだ考えておいてください。

2000文字以上の記事を書かなければSEO対策では不利だよという話をしている人もいますが、それが本当なのか、嘘なのかを知る術は我々にはありません。

確かに検索エンジン上位を独占している記事は1記事あたり数千文字というようなケースも存在します。

比率で考えても確かに「文字数が多ければSEO対策にも有利に働きそうだ」という事はフンワリと分かります。だけども、アフィリエイトは1記事の文字数を増やせば稼げるというのは、あまりにも横暴すぎるんじゃないのとは思います。

アフィリエイトで何文字を書くべきかに関して頭を抱えている人は、SEO対策の基本を押さえておいて頂きたい。

文字数で記事の良し悪しは決まらない

正にこれ。文字数で記事の良し悪しは判断する事は不可能です。

例えば5000文字の記事1つにしても、内容が薄っぺらくて文字数を稼ぐ為だけに無駄にべろーんと引き延ばされた記事だったらどうでしょうか。

文字数は確かに多いかもしれない。だけども訪問者からすれば「なにこれ。クソ長いじゃねえか」と。

ただ文字数ばかりが多くて長いだけの記事は、読んでいて疲れるし、ぶっちゃけ読む事が時間の無駄になってしまいます。だから、こんな長い記事は読んでいられねえよっていう思いを抱えながら訪問者はその記事をブラウザバックして離れていきます。これがまさに「離脱率」です。

自分がGoogle検索をする時を考えて貰えれば分かるはずです。

「ダイエット 方法」で検索をする人はダイエットの方法が知りたいから検索をしている訳なんですよ。

にも関わらず開いた記事がダイエットの方法について上手く書かれていなかったらどう思いますか?自分が求めている情報はこの記事にはないな、と判断をしてブラウザバックして離脱しちゃうわけですよ。

だから文字数というのは、ただ増やせばいいって話ではない。訪問者にとって自分が求めている情報が即座に手に入るのかどうか、なんですよ。

訪問者の満足度が低い記事は、どれだけ文字数が多くても検索エンジンでは評価されません。

これらの仕組みを考えた時に、僕が「コレをやればいいんじゃね?」という結論が出たので、この場を借りてシェアしておきます。マジで今日から使える方法です。SEO対策を超最適化した記事を書き上げる為には次の方法を使ってください。

記事の文章は増やすのではなく削る

そこそこの実績を持つアフィリエイターでも「とにかく文字数を増やそう」という事にフォーカスしすぎている傾向があります。

ですがガチで検索上位を狙うんだったら文章を削ってください。

大事なのは文字を増やすのではなく、無駄な文字を削る事なんですよ。無駄な文字を削って2000文字の記事が出来上がるのと、ただひたすら2000文字を書き殴った記事では話が大きく変わってきます。僕の4年間の経験から言えますが、無駄な文字を削った記事は何もしなかった記事と比べても、反応率がバカみたいに跳ね上がっています。

収益化を考えるのであれば、文字を削るという作業は当たり前の作業ではあるのですが

この作業をやっていない、あるいは軽視している人があまりに多すぎます。

文字数は増やさなくていいです。初心者は2000文字程度を目指して記事を書くという事にフォーカスしてもいいけども、ガチで稼ぎたいと思うのであれば文字数を削る事にフォーカスして下さい。

この作業を行う事はマジで重要です。何度も言わせてください。結果が大きく変わります。この作業を1つ行うだけで変化が「数値」として現れます。あらゆる数値が上昇します。コレは間違いないです。成約率も数%以上は変化します。場合によっては数十パーセントレベルで上昇します。

なのでこの作業は必ず行ってください。

この記事のまとめ

理想を言うならば、文字数に縛られないで欲しいのが僕の願いです。

文字数に縛られてしまうと、記事を書く際にあと300文字、あと200文字、あと10文字、というように考えてしまいかねない。

そういう書き方をしてしまえば無駄に長いだけの文章が出来上がる事になります。そういう記事というのは引き延ばされて書かれているので、読む側にとっても唯ツラいです。

だから、実際にガチで収益化を目指しているんだったら、「2000文字を書けばいい」とかではなくて、自分が必要だと思う量の文字数を記事にして下さい。必要なければ1500文字でも良いんですよ。

無駄に引き延ばした5000文字よりも、削りに削った1500文字の方がユーザービリティ性は高いです。

初心者の場合は最初から「文字数を削らなくちゃ」と考えてしまうと、中々精神的に継続できず厳しいでしょう。なので最初の内は「2000文字を書こう」というような文字数の目安を決めて書くようにして下さい。

今回の記事は基本的な内容ではありながらも、結構大事な内容に斬り込んでみました。参考になるはずなので有効活用して下さい。

Leave a Comment