アフィリエイトで生きていく為の方法論を徹底的に語る個人ブログ

錬金術師の書物庫

アフィリエイト

アフィリエイトは売り込んでは駄目?セールスをしてはいけないのか?

更新日:

アフィリエイトに対して嫌悪している人は多いです。「僕、アフィリエイトやってます」なんて言おうものなら「アフィカス!アフィカス!」と罵られることがあります。罵られなくても「なんか…怪しい事やってんなあ」みたいな印象を持たれる方も少なくありません。

このサイトを読んでいる方はアフィリエイトがどれだけ真っ当なビジネスなのかご理解頂いていると思います。そもそもアフィリエイトが無ければ死んでいく商品だって山のようにあります。グーグルやヤフーだってアフィリエイトをやっています。グーグルなんて言ってしまえば「広告業」の最大手です。

だから、アフィリエイトはビジネスだという事を今一度胸に刻みつけて欲しいと思います。ネットビジネスとネットワークビジネスはそもそも構造が違います。アムウェイなどを馬鹿にする気はないが、少なくともアムウェイよりはアフィリエイトの方が稼ぎやすいと思います。

私たちがやっているアフィリエイトは広告業です。確定申告でも「広告業」や「ライター」として申告をしています。だから自信を持って下さい。真っ当なビジネスをしている事に。…別に自信を持つ必要はないけど。

少なくとも自分がやっていることは社会の役に立たない悪質な事なんですよ、というようなネガティブな感情は捨てて欲しいと思っています。アナタの書いた文章やサイトで幸せになる人がいるんです。

商品を売る事に罪悪感を与えてしまうアフィリエイター

…とまあ、記事タイトルとは全く関係ない話をしたように感じる人もいるかもしれませんが、この話は非常に大事な話なんです。

というのもアフィリエイター自身が商品を売る事に対して怯えています。例えば1万円の化粧品を自分のサイトで紹介する事に対して怯えています。

商品を紹介する事に罪悪感が湧くようです。

私はこの悩みは危機的な問題だと思っています。アフィリエイトをしていく上で罪悪感を持ってやって欲しくはありません。自分が悪いと思うような物を売るビジネスではないし、お客様に頭を下げながら「買ってください」と叫び続けるビジネスでもありません。

そもそもの勘違いとして、アフィリエイトは自分の作ったブログで商品を売るビジネスではないんですよ。

ここが多くの人が間違っているポイントです。アフィリエイトを教えている講師でさえも「商品を売っていきましょう。ガンガン売りましょう」と教えているくらいです。そうではないんです。

アフィリエイターの仕事は「すでに存在する商品を紹介する事」だ。売るわけではない事を知っておいて欲しいんです。

ダイエットをしたい人に対して、すでに販売されているダイエットドリンクを紹介するようなものです。自分でダイエットドリンクを作ってサイトで販売する事ではありません。

だから売る事に罪悪感があるというよりは、商品を紹介する事に罪悪感があるという事が問題なんです。

なぜ商品を紹介する事に罪悪感が湧いてくるのか。

その理由はシンプルです。

自信が無いからです。単純に自信が無い事によって罪悪感が生まれてきます。

使ってもいない商品だから罪悪感が生まれる。

例えば「使ってもいない商品だから良いかどうかわからない」「そんなよく分からない商品を人に勧めるのには罪悪感がある」というような事が1つあるとします。

自分がオススメする商品に「自信が無い」という事になります。解決方法は簡単です。自信を持たせばいい。この商品は絶対に良いから他の人にも勧めたいというように思えたらいいわけです。飲んでも無い酵素ドリンクを「コレ最高」とか言って売ろうとするから罪悪感が湧いてしまうわけです。

もしも紹介する商品に自信が無いなら、自分で試してみて自信を持って勧めればいいと思います。

自分の事が信じられないから罪悪感が生まれる。

他には「自分の事が信じられない」から罪悪感が生まれる問題もあります。

つまり自信がないという事です。自分の言う事に価値なんてあるのでしょうか。自分が作った動画なんて誰が観るんでしょうか。他人の時間を奪っちゃってごめんなさい、他人の大事なお金を奪っちゃってごめんなさい、そんな感です。

自分の書いた記事に自信が無ければ、その記事から商品が売れても手ごたえになりません。何で売れたのかもわからないし、むしろ自分が信じていない状況だから売れた手ごたえが無くて「こんな私から買ってくれてありがとうございます」状態です。

私は別に自信を持ってほしい訳ではないんです。私だって基本的には臆病です。自信満々て言う訳ではありません

ただし自分が作る記事や考えに対しては自信を持って届けて下さい。

必要な事は相手の理想を実現させることだ

自信があり過ぎても駄目だし、自信が無さ過ぎるのも問題です。

そんなことを考えれば考えるほど、心は罪悪感で満たされ、ただストレスだけが募り、脳内にはエラー音が鳴り響きます。「自分は悪いことしている」と根拠も何もない事だけが自分自身を圧迫していく事になります。

そんな人に覚えておいて下さい。私たちは「相手の理想を実現させること」を毎秒意識する必要があります。

これはビジネスの鉄則だ。

考えてみて欲しいんです。シンキングタイムです。あなたのサイトでダイエットドリンクをアフィリエイトしているとしましょう。定価5000円のダイエットドリンクです。飲めば体重減少も期待できるようなドリンクです。

そんなダイエットドリンクがアナタのサイトから売れたとします。買ったのは女性です。そこで考えたい。ダイエットドリンクを買う女性はドリンクが飲みたいから買ったのでしょうか?

……答えはNOです。ダイエットドリンクを買った女性は「痩せたい」から買った。…という訳でもないです。答えはココでは敢えて言いません。アナタ自身が考えて欲しい。というか答えはもう言っています。その答えをもう少し具体化して考えて下さい。

具体的な答えをここで言うのは容易いがそんなことをしてもゴミほどの価値もありません。この問題の答えが分かったら私に答えでも送って下さい。そうすれば答え合わせをしますから。

この答えに辿り着いたときにはアナタはきっと罪悪感を持ってセールスを掛けることは無くなるでしょう。

アフィリエイトで売る込むことは駄目なのか。

さて、相手の理想を叶える為にアフィリエイトをしていると説明しました。

ではアフィリエイトで物をゴリ押しで紹介していく必要はなくないでしょうか?商品のここがおすすめですよ、とか買うべきですよ、なんてことを説明しなくても良い物であったら勝手に売れていくんじゃないでしょうか。

それだったら私たちはいりません。

私たちは良い物は良いんだと声を大にして主張していく必要があります。相手の理想を実現する為ならば多少強引でも買って貰う必要があるんです。

確かに全く役に立たないゴミのようなものを強引に売り込むのは正に人間として最底辺の奴がやる事です。それは絶対にしないで下さい。

しかし本当に良い商品であれば買って貰わなくてはいけません。求めている事に最短でたどり着ける道を提示するのが私たちの仕事であり、そこを着実にこなすのが美学です。だから必要であれば強引でも買って貰うし売り込む必要があります。

覚えておいて下さい。私たちはボランティアではない。

それから、僕の運営しているアフィリエイト講座-革命編-では、この記事で語ったような内容に補足したPDF教材を不定期で配布したりしています。

参加者に無料配布するプレゼントについて

  • 【音声&PDF教材】アフィリエイトサイトの土台の作り方
  • 【PDF教材】僕が実践している記事を徹底的に早く書く技法
  • 【PDF教材】秋山賢治のヤバすぎるマインド変革習慣術
  • 【音声教材】原因を探る「アフィリエイトは稼げないの真実とは」
  • 【いつか消す】完全自動化してアフィリエイトで稼ぐ為の極秘手法&テクニック

重要な事は講座内で解説しているので、この記事を読んで役に立ったと思った方はぜひ参加しておいてください。きっとお役に立てるかと思います。参加は無料で出来るよ(小声)

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
秋山賢治

秋山賢治

大物情報起業家に「馬鹿じゃねえのwww」と言った結果、セミナー出入り禁止。永久追放を食らった20代半ばの男。10年前から細々とアフィリエイト活動を継続中。その過程でアフィリエイト単体で過去月収120万円達成。月間80万PVの美容ウェブメディア運営していたが飽きたので売却。様々なジャンルのアフィリエイトに参入した経験あり。元情弱で情報商材に300万円以上使った過去がある。

-アフィリエイト
-,

Copyright© 錬金術師の書物庫 , 2018 All Rights Reserved.