アフィリエイトで生きていく為の方法論を徹底的に語る個人ブログ

錬金術師の書物庫

アフィリエイト

ブログの文字数の目安は?文字は多ければ良いわけではない!

更新日:

アフィリエイトを実践されている方が抱えてしまいがちな疑問として「ブログは1記事当たりどの程度の文字数にすればいいのか?」

この記事ではこの疑問に対して納得のいく形で答えようと思います。

というのも実はこの問題はシンプルなように見えて非常に難しいんですよ。単純に「1500文字は書いてください」と言ってしまえば、それでお終いだけど現実問題として1500文字の記事を100記事書いても稼げない可能性も高確率である訳です。

1500文字の文章を100記事も書いて月10万円も稼げないなんて事になってしまったら、何のためにアフィリエイトをしていたのかが分かんなくなります。

あくまで僕は「月10万円を稼ぐことを想定したらどの程度の文字数を書くべきか」という事について考えてみます。

長文の記事は「Googleに評価がされやすい」という特徴

まず超基本的で前提となる話をすると、アフィリエイトサイトやブログの文字数は長文なほどGoogleに評価される可能性があります。
それはなぜなのかというと

  • 記事に情報が多い。
  • 読み手が1記事を読むのに時間を使う。
  • 役に立つ

という事です。だから基本的には文章は長い方がいい。文章は長い方がGoogleに評価されて検索上位に上がりやすいです。

つまりはアフィリエイトで稼ぎやすくなります。1000文字の記事よりも2000文字の記事です。2000文字の記事よりも4000文字の記事です。

秋山賢治
僕の記事の場合は毎回平均2300文字程度です。長い時で20000文字近くの記事を書いた事があります。

しかし、長ければ長いほどイイっていう単純な話ではありません。好き勝手2000文字だとか4000文字だとか書いても宜しくはありません。

良質な内容が詰まっている記事

仕事単純な話です。「アナタの記事が役に立つのか?それとも立たないのか?」という事。

アナタの記事が5000文字だったとしても読み手が持っている悩みを解決する事が出来ていなかったり、全く役に立たない満足感が無い記事だったりするといくら文字を書いても稼げません。

そりゃそうですよね。例えばこの記事の中で「今日は朝ご飯を一杯食べたよ。本当においしかった。特に卵焼きが…」というようにテーマに全く関係ない事を書いても誰も興味が無いでしょう。僕の朝ごはんの話なんてアフィリエイトで稼ぐ為には全く関係が無い話です。聞いたところで役に立ちません。

そう考えてみれば当然ですが「役に立つ記事」を書きましょう。

難しく考える必要はないんですよ。自分の中で「この事を伝える事が出来れば相手の役に立つ」という事を順番に解説していけばいいんですよ。

そこに自分の意見を入れていけばあっという間に文字数が増えます。文字を書く事が出来ないという人は難しく考えてしまっています。

アナタが書くテーマが難しい内容だったら頭を使って書く必要もあるかもしれませんが、1記事当たりを難しく考えて全く記事を作れなかったなんて言う事の方が宜しくありません。それだったら「相手の役に立とう」という事を意識してまずはキーボードを叩いてみて下さい。

つまり無駄で意味のない文章は書くなという事です。

読み手とGoogleを考える必要性

ココまでの文章をちゃんと読んでくれた人は気が付いたでしょう。

僕たちはGoogleのご機嫌取りをしながら読み手にも分かりやすく役立つ記事を書いていく必要がある。

単純に文字数が多いだけでは駄目だし、役立つ記事でも文字数が少なければGoogleに評価されないんですよ。そう考えると読み手にもGoogleにも優しい記事を書いていく必要がある訳です。

これらの事を考えると適切な文字数は

2000文字程度~5000文字程度

ブログの文字数は2000文字以上を書く事を意識しましょう。初心者は文章を書く事に慣れていないので最初は1500文字でも構いません。

2000文字は慣れて来たら書いていきましょう。

また補足をしておくと文字数の上限に関しては一応5000文字としていますが、実質的な上限は存在しません。1記事に1万文字でも2万文字でも大丈夫です。

これが凄く大事な話なのでもう少しお付き合いください。

ここを知らないとアフィリエイトで経済的成功は極めて難しく、成功確率は格段に下がります。

文字数の上限の考え方

文字数に上限は無いと言いました。同時に5000文字が上限だとも言いました。

コレはどういうことなのかと説明すると「書く記事のテーマ」によって異なるという事です。例えば難しい言葉や概念を分かりやすく説明しようとすれば記事が長くなるのは当然です。しかし簡単な意味や由来をクドクドと説明しているのは無駄に長いだけの文章です。

つまり難しい内容や、これは詳しく説明しなくてはという記事に関しては文字数はいくらあっても構いません。

大事なのは「どこまで読み手は読んでくれるのか」です。Googleからすれば「長くてボリュームたっぷりで分かりやすい記事」は大歓迎です。しかしその記事を読むのは人間です。

考えてみて欲しいんですよ。2万文字もある論文のような記事を読みたいと思いますか?

例えばアナタの家の水道が水が止まらなくなる事態になってしまったら、何とかしようとネットで検索をかけます。

「これを読めば万全!水道の水が止まらなくなった時の対処法」というような記事があったとします。アナタとしては早く水道の水を止めたいわけです。にも関わらずその記事は2万文字もあったらどう思いますか?今まさに水が止まらないのに何十分もかけて2万文字の文章を読んでいられますか?無理ですよね。

長くても読み手が「読みたくない」なら駄目な記事

つまり、読み手が必要だと判断するのであれば2万文字あろうが別に問題はありません。Googleも読み手もハッピーです。結果的に収益が増えるアナタもハッピーです。

しかし読み手が苦痛に感じてしまう記事ならGoogleはハッピーでも読み手はアンハッピーです。しかもGoogleは役に立たないと判断したサイトはどんどん検索上位から下げていきます。だから人が読まない記事はどんどん下がっていきます。そうすれば人が集まらない記事になってアナタもアンハッピーです。

今回の話はかなり大事な事を話したつもりです。この記事の書き方を意識するだけで稼げる記事は誰にでも作ることが出来るでしょう。

適切な文字数というのは2000文字以上5000文字未満。だけど場合によっては何万文字も言っていいんですよという話でした。

また記事の書き方については取り上げていきますね。

それから、僕の運営しているアフィリエイト講座-革命編-では、この記事で語ったような内容に補足したPDF教材を不定期で配布したりしています。

参加者に無料配布するプレゼントについて

  • 【音声&PDF教材】アフィリエイトサイトの土台の作り方
  • 【PDF教材】僕が実践している記事を徹底的に早く書く技法
  • 【PDF教材】秋山賢治のヤバすぎるマインド変革習慣術
  • 【音声教材】原因を探る「アフィリエイトは稼げないの真実とは」
  • 【いつか消す】完全自動化してアフィリエイトで稼ぐ為の極秘手法&テクニック

重要な事は講座内で解説しているので、この記事を読んで役に立ったと思った方はぜひ参加しておいてください。きっとお役に立てるかと思います。参加は無料で出来るよ(小声)

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
秋山賢治

秋山賢治

大物情報起業家に「馬鹿じゃねえのwww」と言った結果、セミナー出入り禁止。永久追放を食らった20代半ばの男。10年前から細々とアフィリエイト活動を継続中。その過程でアフィリエイト単体で過去月収120万円達成。月間80万PVの美容ウェブメディア運営していたが飽きたので売却。様々なジャンルのアフィリエイトに参入した経験あり。元情弱で情報商材に300万円以上使った過去がある。

-アフィリエイト
-

Copyright© 錬金術師の書物庫 , 2018 All Rights Reserved.