アフィリエイトで生きていく為の方法論を徹底的に語る個人ブログ

錬金術師の書物庫

アフィリエイト

アフィリエイトの情報発信を実名&顔出しでやる必要があるのか?メリットとデメリット。

更新日:

アフィリエイト,顔出し

これからアフィリエイトをやっていこう、あるいはブロガーになろうという方が悩んでしまいやすい事。それが実名&顔出しでやっていくべきか否かという事だ。ユーチューバーは基本的に顔出しだ。マスクを着けていたり声だけのユーチューバ―もいますが動画である以上は顔出し&声は必須と言っても良いだろう。

そう考えてみるとブロガーも顔出しや実名でやっていくべきなのだろうか。そしてアフィリエイトに関してもそう。情報発信で顔出したり実名で行うメリット、デメリットを確認していこう。

顔出し&実名で情報発信を行うメリット

まず最初にメリットの方から確認しよう。実際私は顔を出して運営しているサイトも存在する。そこでは実名ではないが。顔出しでアフィリエイトをやっているとメリットも大きい。実際に私が感じているメリットを挙げていこう

実名や顔出しをする以上は良い意味で緊張感がある

自分の顔を使って情報発信をするという事はそれなりに緊張感がある。つまらない役に立たない物を世の中に出す事は出来ないし、ある程度人に見せる事が出来る内容を出していかなくてはいけないと自分自身への意識づけになる。

出来の悪い記事を書いてしまったりすると自分が恥ずかしい思いをすることになるから緊張感が出てくる。

これはメリットだと私は思う。ゴミのような記事を大量生産せずに済むからだ。緩み切った空気というのは大きな問題だし緊張しぱなっしというのも問題だ。顔出しや実名で情報発信をする事で良い緊張感が得られるなら良いと思う。

実名や顔出しをしていると信頼感がある

実名と顔出しで情報発信をしていると信頼感が得られる。これは読み手側の正直な気持ちだ。実際ネットというのは現実とは違い顔が見れない。現実で人と話すときは顔を見て話す。しかしネットだと顔が見る事が出来ないから顔を想像して読まなくてはいけない。

私はこの記事を読んでいるアナタの顔を見る事が出来ないし、逆も然り。

しかし私がこのサイトで顔出しを行えば、私の顔はアナタには届くだろう。こういったアフィリエイトサイトに関して言えば「この人って顔出しまでしているという事は専門家なのかな」とさえ思えてくるだろう。それだけ顔出しにはインパクトがある。

医療系のアフィリエイトサイトがあるとしてサイトの目立つ部分に運営者の顔があると、そのサイトに書かれている医療情報の信憑性が一気に増す。もっと分かりやすい例を出すと、生産者の顔がパッケージに載っている米があるが、ああいった物に関してもそう。とにかく信頼感や安心感を出す事が出来る。

しかし一概には言えない部分もある。顔出しすれば誰でも信憑性が出るという訳でもない。ちょっとその辺にも触れてみよう。

顔出し&実名で情報発信を行うデメリット

次に顔出しや実名で情報発信を行うデメリットについて確認していきたい。顔出しして実名を載せれば誰でも信頼感が演出できるというシンプルな話でもないんだ。私が思うに顔出しや実名でサイトを運営するのはデメリットという言葉以上に大きなリスクが付きまとう。

特に目新しい事ではなく詐欺師も用いる手法

顔出しをして実名で情報発信を行うと、確かにその人が言っている事や書いている内容に対して信憑性が出てくるのは確かな話だ。しかし最近ではネットで顔出しをして情報発信をするのは目新しい手法でもなんでもない。

この記事を読んでいる人からすれば「顔出し実名か、それとも自分の事は隠すべきか」と迷っているくらいだから目新しい手法ではない事もご理解頂いていると思う。実際、インフォ業界なんかでは顔出しをしながら平気で詐欺商材を売ったり悪質なスパム行為をやっている販売者も多く存在する。

稼ぐ系では顔出しをする事で逆に胡散臭くみられる可能性もあるという事を十分理解して頂ければ幸いである。逆にネットビジネスにおいて言うのであれば匿名かつ顔を出さずにやっている方が信頼感を得やすい場合もある。

個人情報が流出。プライベートが侵される可能性も十分にある

そしてどちらかというとこちらの方が問題だ。

ネットに顔を出すという事は未来永劫、アナタの顔はネットの中に存在する事になる。アナタがイケメンだろうが美女だろうがどうでもいいが、アナタの顔は間違いなくネットの掲示板に貼られてコラ画像を作られる。イタズラの対象になってしまう。

一応、肖像権は私たちにあるがネットではどうしてもその辺が甘くなりがちだ。私の知り合いは顔出しをしていたのだが、ある時に出会い系掲示板に貼られていたらしい。本人が知らない場所で勝手に悪用されていたケースだ。

アナタが副業として情報発信をしている場合は会社にばれる危険性もあるという事を理解して置いて頂ければ幸いだ。

炎上すると弱点が増える。火消しが面倒

そしてアナタのブログやサイトが炎上した時は、アナタの顔が悪用される危険性は一気に高まる。炎上の規模にもよるが、アナタの実名や顔が掲示板に貼られたりツイッターなんかで流されたりして色々な場所でアナタの悪評が流れることになる。

そのリスクを知ったうえでやるのであればいいんだが、なんとなく顔出しした方がいいかもと思って始めるのは大変危険です。オススメしかねる。

逆の話で言うと顔出しをせずに非実名で情報発信をすれば、本音や言いたい事を言う事が出来る。

この記事のまとめ

本名を出して顔出しもして情報発信をすることは危険が伴うという事をご理解頂けたことかと思う。

しかし一番大事なことはアナタの情報自体に価値があるか無いかという事だ。顔出しをしていても意味のない情報を流しているのであれば全く持って意味はないし、顔出しをしていなくても素晴らしい情報を流しているのであれば評価されるだろう。

結局、顔出しの有無、実名非実名はオプションに過ぎない。やろうがやらまいがどっちでもいい。顔出しをすれば稼げるわけでもないし。顔出し一切ナシでも金は稼げる。

これらの事実を知ったうえでアナタがどうするかはお任せしたいと思う。今回はこの辺で。

それから、僕の運営しているアフィリエイト講座-革命編-では、この記事で語ったような内容に補足したPDF教材を不定期で配布したりしています。

参加者に無料配布するプレゼントについて

  • 【音声&PDF教材】アフィリエイトサイトの土台の作り方
  • 【PDF教材】僕が実践している記事を徹底的に早く書く技法
  • 【PDF教材】秋山賢治のヤバすぎるマインド変革習慣術
  • 【音声教材】原因を探る「アフィリエイトは稼げないの真実とは」
  • 【いつか消す】完全自動化してアフィリエイトで稼ぐ為の極秘手法&テクニック

重要な事は講座内で解説しているので、この記事を読んで役に立ったと思った方はぜひ参加しておいてください。きっとお役に立てるかと思います。参加は無料で出来るよ(小声)

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
秋山賢治

秋山賢治

大物情報起業家に「馬鹿じゃねえのwww」と言った結果、セミナー出入り禁止。永久追放を食らった20代半ばの男。10年前から細々とアフィリエイト活動を継続中。その過程でアフィリエイト単体で過去月収120万円達成。月間80万PVの美容ウェブメディア運営していたが飽きたので売却。様々なジャンルのアフィリエイトに参入した経験あり。元情弱で情報商材に300万円以上使った過去がある。

-アフィリエイト

Copyright© 錬金術師の書物庫 , 2018 All Rights Reserved.