おすすめのメルマガ配信スタンド

僕が自信を持ってオススメするメルマガ配信スタンド3選&失敗しないための選び方

In アフィリエイト by 秋山賢治コメントを残す

どうも、秋山です。今回は僕がかなり重視しているメール配信スタンドを選ぶポイントを語ります。今では「昔から僕はメルマガをやっていたんですよ」と言わんばかりに大きな顔をしてメルマガを運営していますが、実は僕がメルマガを始めたのは2018年からです。まだ始めて間もないビギナーです。

だけどもメルマガを始めるまでは結構な時間をかけました。「どのメルマガ配信スタンドを使おうかな」と個人のブログや専門サイトを読んで、自分に合ったメルマガ配信スタンドを検討していたのですが、

……まあ、失敗したわけですよ。いくつかメルマガ配信スタンドと契約してみたは良いものの使い物にならなかった。具体的には登録できるメールアドレスの上限があまりにも低かったり、メールが届かなかったり。そんな訳で今回の記事では僕の失敗経験を基にして失敗しないためのメルマガ配信スタンドの選び方、コツをご紹介します。

まず最初にメルマガ初心者に言っておきますが、無料のメルマガ配信スタンドは使わないで下さい。理由はこれから述べていきますが、間違っても僕が「金をかければ何でもいいんだ」的な無茶苦茶な発想で言っている訳ではないのでそこはご理解ください。

無料のメルマガ配信スタンド、システムには無料の理由があるという事を忘れてはいけません。

【参加無料】真面目にアフィリエイトで稼ぎたい人へ

無料のメルマガ配信システムは使ってはならない

貴方はもしかすると、無料で使えるメルマガ配信システムを探しているかも知れません。まあ、無料って魅力的で良いですよね。僕たちのように個人ビジネスを行う人間にしてみれば可能な限りコストを抑えたい。1円でも安く費用を抑えてメルマガを始めたいですよね。

僕自身がメルマガの配信システムを選ぶ際には「無料 メルマガ配信」で検索して探していたくらいですから。だから無料でメルマガ配信をしたい人の気持ちも分かります。ぶっちゃけメルマガを始めるのにも結構お金がかかりますからね。

だけども、無料でメルマガ配信できるシステムやスタンドを探すのは止めましょう。ホントに時間の無駄です。なぜならば、無料には裏があるからです。確実に裏があります。そうですよね。メルマガ配信の仕組みを考えると少なからずサーバーに負荷をかける訳です。にも関わらず無料で提供する御人好しはいませんよ。ボランティアでメルマガ配信スタンドを提供できるものではありません。

  • ステップメール機能が存在しない
  • 必要な機能を使うには実質的にお金がかかってくる
  • 読者数○○人という少数にしか送れない(人数が増えた場合を考えると得策ではない)
  • 自社のライセンスや表記が自動的に挿入される
  • メールを送れる数の上限が低すぎる(1日○○通までなど)

兎に角、無料である場合には縛りが存在します。無料のメルマガ配信スタンドは悪質だとは言いませんよそりゃ。僕も無料の配信スタンドは全てチェックしています(海外の物も有名所は調べています)が、少人数に少ないメールを送るなら無料でもいいと思うんですよ。でもそれって結局はビジネスとしての利用ではなく友人同士でやり取りするようなことしか使えません。なので、僕としては間違いなく無料はお勧めしません。

メルマガを始める為に最低限必要な金額

最低限で言ってしまえば1,000円しかなくてもメルマガは始めることが出来ます。が、1,000円で導入出来るメルマガは地雷です。使うべきではありません。理由は上の各項目で述べた通りです。安ければ安い程に裏があります。だから安ければ疑った方が良いんですよ。

メルマガを始める際にコストを抑えたい気持ちは僕も理解できます。そりゃ僕だって他に経費を割く場所はあるんですよ。そんな訳だから毎月のランニングコストは意地でも押さえたい訳です。毎月自動的に発生する費用は無くしたい訳ですよ極論は。

だけども、ここでケチるとダメだって事が僕は経験から分かっているので「コストを抑えながら優良なメルマガ配信スタンド選ぶ」のです。結論を言えば、メルマガを始めるなら3万円程は用意しておきましょう。3万円あれば月額制のメルマガ配信システムも9ヶ月~10か月は余裕で利用できますし、買い切り型のメルマガ配信システムも余裕で買えます。

なので始めるなら最低でも3万円は用意しておくといいですよ。この記事で僕がお勧めするメルマガ配信スタンドも全て3万円あれば超余裕で始めれます。

では選ぶ上で意識をするべき9個のポイントをご紹介します。ぜひ参考にして下さい。この9個すべて重要です。1つでも抜けているとマジで僕なんかは不安で使えません。

メルマガ配信システムで賢く選ぶ為の7個のポイントとは

そんな訳でメルマガ配信システムを導入するなら考えなくてはならないポイントを7個挙げました。当初は21個くらいあったのですが、流石にそこまでチェックしていたらキリがないので、今回はなんとか7個に凝縮しました笑。

先に7つのポイントをまとめておくと、

  • 到達率の高さ
  • 利用者の数
  • ランニングコスト
  • マニュアル&サポート
  • 分析の可否
  • 運営会社の信用性
  • その他の機能

上記の7つになっています。どれも重要です。では早速見ていきましょう。

到達率の高さはどうなのか

最も考えなくてはいけないのは「到達率」です。メルマガ配信スタンドを選ぶ上では必ず見て下さい。この到達率とは「送ったメールがどれだけの人に届くのかのパーセンテージ」です。つまり、絶対に知っておかなくてはならないのは、僕たちが送ったメルマガは必ず相手に読まれるわけではないんですよ。送ったメールの何割かは読まれもしません。

メールを送っても迷惑メールフォルダに自動的に振り分けられたり、そもそもメールが届かないなんて事もあります。

従ってメルマガ配信スタンドを選ぶ際に、一番に考えるべきは「高い到達率のスタンド」を選ぶということです。

何処とは言いませんがm某メルマガ配信スタンドの到達率は極めて低く、送ったメールのほぼ全てが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまいます。従って貴方がメルマガ配信スタンドを選ぶ際は到達率を意識して下さい。

なぜ到達率が下がるメルマガ配信スタンドが平然と存在しているのか、についても補足しておきます。到達率が悪いメルマガ配信スタンドは共有サーバー&質の悪いユーザーが利用しています。メルマガ配信では大きく分けると2つに分類できます。

  • 共有サーバー(比較的安いため質の悪いユーザーが多い傾向にある)
  • 専用サーバー(価格は高めなので必然的に使うユーザー層も良くなる)

という事です。簡単に言えば共有サーバーの仕組みを採っているメルマガ配信スタンドは、利用者の層がよくない傾向にあります。傾向ですよ傾向。

  1. 質が悪い利用者が質の悪いメール(詐欺やそれに近い)を流す
  2. そのメールの受信者の多くがそのメールを「迷惑メール」に振り分ける
  3. 必然的にメルマガ配信(共有サーバー)の利用者全ても「迷惑メール扱い」される

細かく言えば少し違います。だけど取りあえず上のようなイメージで思って貰えればと。つまりは悪質な利用者のせいで自分たちも被害を受けるって事です。メルマガ配信環境が汚染されちゃうんですよね。だから安い共有サーバー型のメルマガ配信システム、スタンドは到達率が極めて低く、ほとんど到達しません。

当然、僕はその様なシステムやスタンドは使うべきではないと思ってますし、廉価さだけでメルマガ配信スタンドを選ぶのは危険とさえ思っています。まともなメールのアプローチが出来ませんからね。従って「安さ」だけで選ぶと確実に損をすることになるので止めておきましょう。基本的に安ければ安い程、裏があります。

利用者はいる?ネット上での評判は?

次に「ネット上に利用者の声はあるのか」も調べて下さい。利用者がいるかどうか分からないメルマガ配信スタンドを使う事は基本的に僕は推奨していません。なぜならば、実態が分からないからです。

僕が利用者がいるメルマガ配信スタンドを使っている理由は実態が明らかだからです。どのくらいの人が使っていて、どの程度の認知度があるのかが分かるので「ある程度の認知度があるメルマガ配信スタンド」を使っています。

特にメルマガに始めて手を出す初心者の場合は、安いからという理由で名前も知らないようなメルマガ配信スタンドと契約をしてしまいがちです。…別にいいんですけどね。自分が「そのメルマガ配信スタンドを使ってみよう!」と決めたんだったら。結局はネット上の声が多いかどうかだけでモノの良し悪しが決まる訳ではありませんから。だからネット上には評判も見当たらない名の知らないメルマガ配信スタンドを使おうとも別に構いません。

しかしそれは賭けの部分が大きいですよね。もしも見立てを誤れば「明らかに使うべきではなかったメルマガ配信スタンド」と契約する事になってしまいます。メルマガを始めるにもお金がかかる訳ですよ。だからこそ、失敗しないように安心できるメルマガ配信スタンドを選びましょう。

毎月の費用や初期費用などの支払いはどの程度なのか

次にメルマガ配信スタンドを使う為のお金の話になります。良く聞いて下さい。メルマガ配信スタンドをお金を払って使うには2種類あります

  • 料金を毎月支払うシステム
  • 1回だけ支払う買い切るシステム

料金を毎月支払うのがメルマガ配信スタンドでは一般的です。3000円の月額料金なら毎月3000円を支払い続ける事でメルマガを使い続ける事が出来ます。そして1回だけお金を支払ってシステムごと買い切ってしまう物もあります。

前者の毎月支払い続けるシステムの場合は、面倒くさい設定などは相手がやってくれる場合が多く、自分は特に導入や面倒な設定はありません。加えて困ったときには丁寧なサポート対応&定期的にシステムアップデートがされます。なので初心者向きといえるでしょう。

後者の1度だけ支払って買い切るシステムの方は、自分で導入する必要があります。システムを買うだけなので自分で設置しなくてはいけません。だけども買い切りなので毎月の支払いはありません。価格も25000円程度で買い切る事が出来ますので、1年以上使うなら買い切りのメルマガ配信システムはお勧めです。

  • 【月額制】毎月3000円×12ヶ月=36,000円
  • 【買い切り】1度25,000円を支払う=半永久的に使える

という事です。毎月の支払いだけを考えると買い切り型の方がオススメではあります。

説明やマニュアル、サポートは準備されているのか

言わずもがなこれらは必要です。メルマガ配信スタンドを導入しようとしてもマニュアルや説明書が無ければ何も出来ません。僕も昔、TVを設置する際に説明書を捨ててしまってマジで頭を抱えた経験があります。つまりマニュアル、説明書は必要な訳です。

説明書やマニュアルがないなんてのは無いとは思いますが、要は「スラスラと惑うことなくメルマガの導入ができるのか」ですね。マニュアルに書いてある言葉が難し過ぎて読んでも「は?なにこれ?どうやって導入すればいいの?」と分からないのならメルマガを導入するのにも時間がかかってしまいます。

だから、基本としてはマニュアルや説明がシッカリとされているメルマガ配信スタンドを選ぶのが望ましい、そして何よりも「サポート体制」が充分かどうかもポイントです。サポートがずさんなメルマガ配信スタンドも実は少数ながら存在します。僕は知っています。ネット上にそこそこのポジティブな評判が並んでいればサポート面は安心すればいいと思いますよ。

クリック率や開封率の分析は出来るのか

これも言い切ってしまいますが、分析が出来ないメルマガ配信スタンドは必要ありません。使う理由がありません。

自分が送ったメールのリンクは何人中何人の人にクリックされたのか(クリック率)はどの程度あるのか、そもそも自分の送ったメールはどのくらいの人に開封されて読まれているのか(開封率)などを知る事はメルマガをビジネスに使う上では必須です。絶対的に必要なんですよ。

僕も毎回の開封率やクリック率は必ず見て分析をしています。特に最近はメルマガ参加者の人数も増えてきたので、よりパーセンテージを意識するようになりました。ビジネスを行っている人なら分かると思いますが、すべては「分析」なんですよ。数字を見なければいけないしフンワリと数字を見てはいけない。

開封率が低いなら何故メールが開かれないのかを考える糸口になります。クリック率が低いなら何故低いのか、逆にどういう言葉や言い回しで増加しているのか。そういった事も分析で得られます。非常にキツい言い方にはなりますが、メルマガを使う上でパーセンテージを意識するのは当然です。特にビジネスを回していこうと考えるのであれば特にです。

なので、選ぶ上で貴方が選ぼうとしているメルマガ配信スタンドはそういったパーセンテージの分析は出来るのか(今時、搭載されていない配信スタンドの方が珍しいですが…)を必ずチェックして置いてください。搭載されていない配信スタンドは全く使いようにもなりません。

運営会社は信用が出来るのか

次に見るべきはそのメルマガ配信スタンドを提供している運営会社の信用性です。少し難しい言い回しをしましたが、要は「メルマガ配信スタンドを提供している会社は信用できるのか」という話。

これもまた名前を出すと削除依頼来て、侵害申請なんかが届くから名前は伏せます。某メルマガ配信スタンドなんかは運営会社が信用できません。いや運営会社というよりは、その中にいる人が信用できません。まあ、この記事を読んでいる人の中にも誰の事を指しているのか分かる方もいるとは思います笑。

…もう言いません。これ以上言うと察する人も出てくるでしょうし、ディスるのもどうかとは思いますからね。

で、結局考えたいのは運営会社は信用できるのか、100%信用は出来なくてもある程度の信用を寄せても良いのだろうか。そこも見るべきポイントです。運営会社までチェックしている人は少ないかも知れませんが、僕の中ではこのポイントは無視できません。なぜなら自分のメール1通で売り上げが大きく変わる訳です。だからこそ、当然このポイントを見るのは必要な訳ですよ。

その他のシステムや機能は何があるのか

メルマガ配信スタンドを比較&検討する上で忘れてはいけないのが「当たり前に付いている機能以外はどうなのか」。つまりメールを送る以外にそのメルマガ配信スタンドは何が出来んの?って事です。そのあたりもチェックする必要がある訳ですよ。メルマガ配信スタンドにも色々便利な機能が付いている物があります。例えば、

  • 複数のシナリオ登録
  • クレジットカード決済連携
  • アフィリエイトセンターを持てる
  • 誕生日に自動的にメールが送れるバースデー機能
  • 自動ツイッター連携
  • 日本語だけでなく多言語化

などなど。メルマガ配信スタンドによっては変わった機能が導入されている場合もあります。…と言っても変わった機能が必要かどうかも考えなくてはいけません。僕としては「基本的なメール配信機能に加えて分析が出来ればそれでいい」位の考え方です。余計な仕組みを付けると分かりにくいので、この辺は好き嫌いになりそうです。もう1度言いますが、僕はメルマガをしていて余計な機能は要りません。必要なのは高い到達率でメール配信が出来る事と、分析だけだと本心から思いますから。

秋山賢治
秋山賢治

ただメルマガ登録者の誕生日に自動的にメールが送れるバースデー機能は面白いし、少し欲しいとは思いますが笑。いいですよね。

僕が自信を持ってオススメ出来るメルマガ配信スタンド3選

では僕がお勧めするメルマガ配信スタンドを3つ挙げておきます。各配信システム(スタンド)によって持ち味が違いますので、自分に適したものを選んでいただければと思います。

まずボクが一番最初に紹介をしたいのはMilkyStepです。

MilkyStep(ミルキーステップ)

個人的に推したいのはMilky Step(ミルキーステップ)。僕の運営しているアフィリエイト講座-革命編-でもこのシステムを使ってメールを流しています。自分で弄れる人ならMilky Stepを買うのが賢明ですよ。知り合いからお勧めされたので買いました笑。使ってみて分かるんですが、マジで買って良かったですよホントに。誇大表現抜きにして買って間違いないです。

このMilky Stepの最大の特徴としては「買い切り型」なので、1度買ってしまえば毎月の請求はありません。月額費用が発生するメルマガ配信スタンドとは違い、買ってしまえば毎月の料金は一切かかりません。価格は24,980円です。桁は合ってます。1桁少ない訳ではありませんよ笑。まあ、メルマガ配信スタンドを真剣に考えている方ならこの価格の異常性が分かるでしょう。この価格はクソ安いです。買い切り型ですからね。この価格を支払ってしまえば後の料金がかからないです。もし高いと思うなら総合的に他のメルマガ配信スタンドと比較をして見れば分かります。

MilkyStepメルマガ配信スタンドAメルマガ配信スタンドB
1ヶ月目24,980円3000円初期費用5000円+月額4500円
2ヵ月目0円3000円4500円
3ヶ月目0円3000円4500円
4ヶ月目0円3000円4500円
5ヶ月目0円3000円4500円
それ以降24,980円1回払いでそれ以降は0円以降も毎月3,000円(12ヶ月で36,000円)初期費用込みで毎月4,500円(12ヶ月で59,800円)

もうわかりますよね。1年以上使うならMilkyStepが最強です。更にアップデートもシッカリとしているので「売ったらお終い」ではありません。購入後も安心して使用できるように必要であればアップデートもされます。このMilkyStepはご存知の方も多いと思いますが、販売されてからメチャクチャ長いにも関わらず現役で売れています。サイト見る限り2008年から販売されているのかな?10年近く販売してるという安心感もあります。

言わずもがな、メルマガに必要な機能は全て入っています。クリック率や開封率の分析も可能です。僕も実際にこのMilkyStepを使っていますが不自由はありません。機能面では満足しています。あ、それから一番重要な事を言い忘れていました。

到達率もトップクラスです。殆どが到達します。他の配信システムと比較するのも失礼なのですが、到達率に関してはまず安心です。なので費用対効果&安定感を求める方は間違いなくMilkyStepをお勧めします。僕も自信を持ってオススメ出来ます。

>>MilkyStep(ミルキーステップ)についてはこちら

ただし注意点としては「自分で設置をする必要がある」という点です。マニュアルが付いているのでまず問題はないかと思いますが、自分で設置するのが不安だという人にはお勧め出来ません。もしもその辺も簡単に導入できるメルマガ配信スタンドを探しているなら

アスメル

アスメルは月額費用が発生します。しかしどれだけメールを配信してもステップメールを流しても変わらず月額3,333円です。リストも無制限です。月額費用としては一般水準程度ですが、縛りが殆どないので僕はお勧めしています。手広くビジネスをするつもりがなくても、この価格であれば続けやすいのもポイントが高いです。

それからアスメルの到達率に関しては99.55%。つまりほぼ100%のメールが到達します。その仕組みとしては徹底的なまでに迷惑メール対策を行っている点です。つまりは詐欺まがいのメールを送るユーザーは即時、アスメルが対処しますので質が悪いユーザーはこのアスメルを利用する事はありません。業界内でも利用者が多く、にも関わらず評判が高いのは「この到達率」からです。

アスメルも2003年から2018年現在に至るまで提供され続けています。およそ14年程度。これだけの年月で衰退することなくメルマガ配信サービスを行えている企業はそれほど多くありません。信頼感であれば間違いありませんよ。

秋山賢治
秋山賢治

ちなみにサイトには「豊富な機能」と書かれていますが、2018年の基準で言えば機能は多くありません。必要な機能のみが詰まっています。しかし逆に言えば「無駄な機能は一切無い」と言えます。

月額費用も機能もシンプル。だけども無制限でメールを送れる点を考えれば全力でオススメします。MilkyStepで設置&導入に不安がある方はアスメルを選べばいいでしょう。

>>アスメルについてはこちら

少し高くても多機能で更に自由に使えるメルマガ配信スタンドを探しているなら

MyASPパーソナルプラン

MyASPもメルマガ配信スタンドでは有名です。評判も高いですが1つだけ注意。

1番安いプランはビギナーズプランですが、僕はお勧めしていません。ビギナーズプランは1年契約をすると35000円で12ヶ月間使用できます。1番安いけども「共用サーバー」です。従って僕は共有サーバーのビギナーズプランはお勧めしません。

専用で使うのならパーソナルプラン以上を選ぶ必要があります。僕が考える中では「専用」を選ぶこと一択です。なので安くメルマガを始めようとしてビギナーズプランを選ぶのなら素直にアスメルを選ぶ方をお勧めします。MyASPにこだわるのであればパーソナルプランを選ぶようにして下さい。悪いようには言いませんから。

ちなみにパーソナルプランは月々6480円かかります。初めてメルマガを始めるひとからすれば料金は高め。それは知っておいてくださいね。ちなみにメルマガ配信システムとしては非常に安定性があり利用者も非常に多く、MyASPは安心感があります。余裕がある人にはお勧めですよ。

パーソナルプランに登録をしておけば、まず個人のビジネスには十分です。10万人のリストを抱えていても対応できますから。

>>MyASPパーソナルプランについてはこちら

ちなみにサポートも遅くても48時間以内には対応してくれます。基本は24時間以内に対応です。

この記事のまとめ

さて、メルマガ配信スタンドの選び方に関してはこのような感じです。上で挙げてきたようなポイントをクリアしているメルマガ配信スタンドはまず少ないです。もしも迷っているならMilky Stepで良いんじゃないかなと。ランニングコストもかかりませんからね。

とはいえ、マニュアルを読んで自分で設定をしなくてはいけません。その点はご注意ください。自分で設置してやるぞという人には大変お勧めです。何だかんだ頑張れば設置できるものです。…ちなみに設置に迷った際には僕に相談をして頂ければ可能な限り話に乗ります。とはいえそっちの知識は専門外なので微塵も期待しないで下さい。人によっては設定で悩むかもしれません(マニュアルとコミュニティがあるから大丈夫かとは思いますが…)

ただ価格と機能で見れば断然おすすめです。

設置や導入で迷ってしまいそうなガチガチの初心者だとするならアスメルを推奨します。機能も最低限は全て揃っており料金も月額3,333円で固定です。どれだけメールを送っても月額料金が跳ね上がる事はありません。この料金で使い倒せますからね。下手に高いだけのメルマガスタンド(その上、共有サーバーの汚染されたもの)を使うのなら、アスメルを選んでおいてください。

お金を掛けられるならMyASPのパーソナルプランを選んでもいいでしょう。選ぶならパーソナルプラン以上です。最も1番安いプランはビギナーズプランなのですが、共有サーバーなので僕としてはパーソナルプランを推します。機能性は間違いなくトップクラスに揃っています。到達率も申し分ありません。

ちなみに僕がメルマガ配信スタンド初心者なら間違いなくMilky Stepを選びます。一番満足度が高く何よりも安い。上のどれが悪いという訳ではなく3つともオススメ出来ます。なので各自で自分に適したメルマガ配信スタンドを選んで下さいな。ではでは。僕からはそんな感じで。