無効なURLです。

「無効なURLです。」の原因と対処方法。素早く反映させるためには?

In アフィリエイト by 秋山賢治コメントを残す

wordpressを使用されている方によくある問題として「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります」という表示が出てしまってサイトが見られない!なんて事があります。

初めて目にすると、「え、なにこれ」と驚きと焦りが。

僕も経験がある事ですが、「プログラム設定の反映待ち」と書いてあれば、待てば直るのかなと思いますよね。でもこのまま直らなかった…と考えると。

そういう訳で今回はこの表示がされたときの対処方法について解説をしていきます。

「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります」とは

まず最初にこの「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります」という表示はどういう意味なのでしょうか。何故表示がされてしまうのでしょうか。

この記事を読んでいるアナタに確認をしておきたいのですが、もしかしてサーバーを契約しドメインを取得し、wordpressを設置したばかりではありませんか?

つまりは、「wordpressの導入が反映されるのを待ってくれ」という状態です。この場合はいくつか対処方法があります。この記事を読んでいてだけているのであれば、最終的に何とかなる他愛もない問題なのでご安心ください。

じゃあ、対処方法について語っていきます。

「無効なURLです。」の対処方法。

具体的な対処方法は4つあります。僕はこの4つの方法を試したら何とか直りました。参考にしてみて下さい。

まずは反映するまで時間を待ってみる。

まず最初に「反映されるまで待ってみる」ということです。僕の場合はエックスサーバーでサーバー&ドメインを取得後、すぐにwordpressを導入した際には必ず「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります」が表示されます。

その場合にはまず24時間程度は待ってみるわけです。つまり寝て待つ。そうすれば起きたら直っているというケースが大多数です。僕の場合は気長に待ちますが、基本的には2時間程度あればサイトが見られる状態になるはずです。

なのでこの記事を読んでいるアナタもまずは落ち着いて2時間程度待ってみて下さい。どれだけ待っても反映がされない場合は次の方法へと移ってみて下さい。

キャッシュを消してみる。

待っても何にもならなかった人は、次にブラウザのキャッシュを消してみて下さい。大体の人はこの作業をして貰えればサイトが無事表示できるはずです。

キャッシュの消去方法に関しても説明をしておきますね。御存知の方はそのまま消して頂ければいいのですが、分からない方は下を参考にしてみて下さい。

internet explorerを使用している方の場合。

画面右上に歯車の形で「設定」があるので、そこをクリックします。そうするとボックスが表示されるので、その中に「セーフティー」を探してクリックします。「閲覧の履歴の削除」をクリックします。

すると「閲覧の履歴の削除」が表示されます。上から2つ目にある「インターネット一時ファイルおよび、Webサイトのファイル」にチェックを入れて削除を行います。

通常はこれでIEのブラウザキャッシュをクリアできます。

Google Chromeを使用している方の場合。

僕はGoogle Chromeを使用していますので、キャッシュをクリアする事には詳しいですよ(謎自慢)

Chromeの場合でもクリアする方法はいくつもあるのですが、一番手っ取り早いのは、

①まず適当なページを新しく開いてください。下の画像はこのサイトを開いています。

②キーボード上のF12を押す。

③ブラウザ左上の回転してる感じの奴を右クリックする。(下の画像を参考にして欲しい)

この中の「キャッシュの消去とハード再読み込み」をクリックしてください。そうすれば消えるはずです。これが僕は最も簡単だと思う。キャッシュのクリアを行って、どうにもならない。そんな時は次の手順へと進んでください。

該当するネームサーバーの状態を確認してみる。

ここまで行っちゃうと、ネームサーバーがシッカリと設定してあるのかをチェックする必要があります。

特に難しい事ではないので安心してください。

このネームサーバー問題に陥る場合というのは、ドメインとサーバーで同じ場所を使ってない時に度々起こります。サーバーとドメインが同じ所だったらそうなる事は無いでしょう。

自分でネームサーバーの変更が適切に出来ているのかを確認してみて下さい。ネームサーバーの先が間違っていると、時間が経過してもキャッシュをクリアしてもブラウザ変えても「無効なURLです」が表示されてしまいます。

それでも自分で何ともできない場合には、

契約しているサーバーにお問い合わせを出してみる。

最終的には契約しているドメインかサーバーへお問い合わせをしてみる方が良いですね。

下手にアレコレしちゃってゴチャゴチャにしちゃうよりも、色々調べてやってみたけど、どうにもならなかった場合にはサーバー会社かドメインの管理元に「このような表示が出て…」と相談をしてみるのが良いですよ。その場合には状態、試した方法を詳細に書いて丁寧に送りましょうね。

この記事が参考になれば幸いです。ではでは。