QPA(クイックパズルキュレーションアフィリエイト)は稼げない?簡単な作業ではない!

In 情報商材レビュー by 秋山賢治コメントを残す

どうも、秋山です。今回の記事は以前に購入して実際に検証した商材のレビュー記事です。

QPA(クイックキュレーションパズルアフィリエイト)のレビューと評価、それから実際の作業内容についても徹底的に解説していきます。実際に購入して読んだからこれから買おうかなと迷っている方には参考になるはずです。

まず、今回のQPA(クイックキュレーションパズルアフィリエイト)とはその名前の通り、キュレーションサイトを作るノウハウ&ツールです。

キュレーションサイトについて知らない方が多いと思います。そこで最初にキュレーションサイトとは何なのかについて解説しておきます。

【参加無料】真面目にアフィリエイトで稼ぎたい人へ

キュレーションサイトとは

キュレーションサイトというのは一言で言えば「まとめサイト」です。

想像しやすいのはNAVERまとめですよね。あれなんかはキュレーションの代表です。ネット上の情報を集めて繋ぎ合わせる事で1つの記事を作り上げる。そういった記事を量産し続けることでキュレーション記事が大量に作る事が出来るという事です。

まだキュレーションサイトについてピンとこない方は1度「キュレーションサイト 例」と調べてみると良いでしょう。調べるのがメンドクサイという方は下をご覧ください。キュレーションサイトを5つくらいピックアップしてみました。

で、ここで全員がキュレーションサイトってどんなものなのかという事はご理解を頂いたという前提で解説をしていきます。

QPA(クイックパズルキュレーションアフィリエイト)の内容とは

販売ページはこちら

特定商取引に基づく表記
本商品はアドモールの公認コンテンツです。

販売社名 株式会社アドシステム
運営責任者 久米 妥
所在地 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者 中井伸行
サポートメールアドレス nobu@qp-a.biz
販売URL http://qp-a.biz/qpa/

このQPAという教材は「キュレーションサイトを自分で作る」という事を目指しています。販売ページでも「パズルをはめ込むようなクイックな作業で」と書かれている事が確認できます。購入すると手に入る具体的な内容としては

  • メイン教材3点
  • キュレーションサイト用ワードプレステーマ2個
  • ワードプレステーマの補足資料

教材の内容はどうなのか

教材内容自体は非常にかゆい所に手が届く仕様になっています。初心者がつまづきそうな場所は詳しく分かりやすく解説がされています。キュレーションサイトを作るためにサーバーはどこで用意すればいいのか、収益化をする為にASPはどこに登録をすべきかという事など、やるべき事が順番に書いてあるので迷う事はまずないでしょう。

そしてこのQPAの肝心な内容として、どのようにキュレーション記事を作っていくのか、注意点などが書かれています。そしてアクセスを集める方法として「検索エンジン」を主に使っていき、集客をしてから収益にしていく方法までをまとめられています。

正直なところ、PDF教材自体はノウハウが詰め込まれていて悪い物ではないと感じました。

でも…

量が多い。無駄に多い。

1章目80ページ。2章目129ページ。3章目91ページ。その他にも色々付いています。もう1章目で読む気を無くす。いやほんとに。くどいんですよね。丁寧過ぎて。赤枠がページ数。青枠がこんな感じで分かれているって事を示しました。

キュレーションサイト自体は色々大丈夫?

2016年にも問題になったWELQ問題をご存知ですか?WELQというのは大手キュレーションメディアの1つだったですが、これはキュレーションサイトという存在を傾ける契機になりました。マジで大炎上したんですよね。僕も覚えています。

WELQ問題のあらましを簡単に説明すると「死にたい」という悩みを抱えている人に対しての記事が炎上のきっかけだったんです。死にたくなるのは自己分析が効果的だといって転職サイトへ誘導するような悪質な記事に対して批判が集まり炎上しました。

馬鹿かよって感じですよね。死にたいと悩んでいる人を「転職サイトで自己分析だ!」なんてイカれてますよ。他にも肩こりになるのは守護霊がいるからだとう結論を書いた記事もありました。いやいや肩こりは守護霊の仕業なんてどういう論理だよという話ですよね。

風邪には家系ラーメンが良いというようなとんでもない記事を提供してきた事もありました。風邪に家系ラーメンが良いって…。

とまあ、常識も糞も無い事が判明し最終的には大手キュレーションサイトWELQは閉鎖という形になりました。

そこを始まりとして連続的に大手キュレーションメディアが閉鎖していきました。他のキュレーションサイトも「うちは大丈夫かな」という不安から閉鎖したわけです。皆して悪いことをしていたわけです。そんなこともあって「なんだかキュレーションサイトって悪質?」みたいな空気感が漂っていました、

なのでこの記事を読んでいる方にも「大丈夫かな」と心配になっている方も少なくはないかと思います。だけどそこは安心して貰えればと思います。

実際キュレーションサイトはまだ全然稼げるし、少なくとも個人でやる分には記事の管理も行き届く。WELQのように行き過ぎたキュレーション記事を作る事もないでしょう。ちなみにこのQPAは著作権に抵触しない為の方法についてもシッカリと書かれていました。この部分は割と役に立つ部分だなと素直に感心しましたよ。

QPA(クイックパズルキュレーションアフィリエイト)は楽して稼げるのか?

この教材を読んで実践するとある程度は稼げるはずです。収益化までの方法は全て書かれているから実践していけばある程度の結果は出せるはずです。

はずです…というのも理由があって実はそんなにシンプルで楽な作業じゃないんですよね。確かに稼げることは稼げるとは思います。方法を応用すればね。しかし販売ページを見て「あ、組み合わせるだけだから楽できそう」というような思いで実践してしまうと稼げないでしょう。

というか僕は長すぎて読むのが疲れました。読み終わるのに1週間くらいかかりました。もう苦行過ぎる。

実際の作業自体は結構やる事が多いんですよ。例えば記事やツイートは自動収集するようなものではありません。キュレーションサイトというと他のサイトから文章を持ってきて繋ぎ合わせる事です。だからそのための情報は自分で探さなくてはいけないんですよ。

普通のアフィリエイト作業と変わらねえ…

結局、アフィリエイトもネットで情報を探して本を読んだりして学んだ内容を自分流に置き換えてアウトプットする作業です。キュレーションにしてもアフィリエイトにしても自分で情報を探さなくてはいけないという事は一緒です。

そう考えると楽して稼げるというシンプルな話ではない事が分かります。

僕としては買わなければよかった。絶対に買うべきというほどオススメは出来ません。普通に記事を書いた方が早いし稼げると僕は感じました。実際に実践者のサイトを見てきましたが悪い意味で驚きますよ。何も欲しい物が無くて100万円位余ってるんだったら買ったらいい位の情報商材でした。

キュレーションサイトを完全自動化なんてさせようものなら、とんでもない情報をネットから自動収集してきて、その組み合わせによってとんでもないキュレーション記事が出来上がるかも知れません。例えば倫理的に不味いような情報をネットのどこかから自動で持ってこられたらたまったもんじゃない事はだからキュレーションサイトは自動化出来ないのは当然の話だ。そんなことをやろうものならWELQの二の舞ですよ。

今回のQPAはそういう商材ではなかったけど、期待を裏切られた気持ちになりました。欲しい人は買ってもいいと思いますよ。セールスレターのコンセプトの打ち出し方は面白いですし。ただまあ結局、自分でコンテンツを創り上げていくのが一番だなあと思った今日この頃です。