稼げない!リライトツールでアフィリエイトをする危険性と無意味さ

In アフィリエイト by 秋山賢治

他人の記事をパクって自分の記事に書き換えてしまう反則的な武器「リライトツール」について、僕の方で確実に伝えておきたいことがあるので、この場で記しておきます。

もしも今現在、微塵でもリライトツールを使って効率的にアフィリエイトで稼いでいきたいんだ、と考えているのであれば、この記事は読んでおいて損はありません。むしろ読まなければこれから先の数ヶ月を全て無駄にすることになります。時間と労力を無駄にしたくない人は読んでおいて下さい。

まず最初にリライトツールとは何なのかについて簡単にまとめておきます。

【参加無料】真面目にアフィリエイトで稼ぎたい人へ

リライトツールとは

リライトツールとは「書き直すツール」です。アフィリエイトの世界では記事を書き換えるっていう使われ方がされます。自分の書いた記事の言い回しをリライトツールで書き換える事ができます。

例えば、

  • リライト前:音楽を聴きながら紅茶飲むのが毎日の習慣です。
  • リライト後:ミュージックを聴きながらお茶いただくのが日々のルーティーンです。

というように書き換えることが出来ます。文章の流れは変えずに単語や文言を書き換える事ができるわけです。

文章を書き直す事ができるという事は、自分の記事だけではなく他人の記事もリライトしてしまうことが出来ます。そうなれば他のアフィリエイターが書いた記事をリライトツールで書き換えて全くオリジナルの自分の記事にしてしまう事もできてしまうわけです。

文章を書くのが苦手な人はリライトツールを使うことで、他人の記事をパクッて書き換えてしまえるので記事を書くストレスを無くすことが出来ます。

このリライトツールを使えばぶっちゃけ稼げるのか。

リライトツールでアフィリエイトは稼げるのか

結論を言えば、「リライトツールでロクに稼いでいる奴はいないし、使っている奴にもロクな奴がいない」です。

リライトツールを使えば他人の記事を丸パクリして、一気に書き換えてしまうことが出来ます。記事を書く必要もなければリサーチをする必要もありません。やるべきことは

  1. 他人の記事をコピーする
  2. コピーした文章をリライトツールにかける
  3. リライトされて全く新しい記事になる

これだけですから。

だけども、ここで考えてほしいのは何で稼いでいるアフィリエイターはリライトツールを使っていないのか。そんなに簡単に稼げるのなら、わざわざ外注化しなくても他人の記事をパクりまくってリライトしまくればいいのにも関わらず、実際にはリライトツールを使っている人なんてまずいません。

僕が知らないだけでリライトツールを使っている人がいたとしても、間違いなくロクでもない人ですよ。「リライト」っていう言い方をしているから格好良く見えますけども、実際にやっていることは「他人の記事を盗んで自分のモノだと主張する」ようなクソ汚いことですから。目先の金銭に釣られて他人の書いた作品をパクっていますからね。

低品質の文章を大量に生み出して、どこから集客するの?

そもそも、リライトツールで作り上げられるのは「どうしようもない劣化版の記事」です。他人の記事をパクってリライトツールで書き直すっていうことは、元の記事を超えることは出来ないわけですよ。一生懸命書いた記事をツールでパクった所で出来上がるのは劣化版になってしまうのは想像に難くないでしょう。

そんなどうしようもない低品質で劣化版の記事を自分のサイトに載せまくった所で、どっから集客するんですかね…。当然ながら検索エンジン上からのアクセスは見込めない。Google舐め過ぎですよ。変動やアップデートを見ていたら劣化した低品質記事をサイトに載せることがどれだけリスキーなのかが分かると思うんですよね。

SNSから集客するにしても、それは資産にはならない。流行りのトレンドネタの記事を書いてツイッターに流した所で一時的にアクセスは集まるかもしれないけども、一過性のアクセスに過ぎないので安定はしない。そもそも、他サイトのパクリ記事だとバレた瞬間にSNSで総叩きあって炎上する事も考えられる。

あるいは広告出稿してアクセスを集めるにしても、旨味がない。そもそもパクったリライト記事に広告費を払うって相当勇気がいることだと思うんですよね。それも蛮勇っていうのか愚かっていうか。なのでこの時点でリライトツールを使う必要性もない。

普通に書いたほうが早い

それから、まともな文章を作るんだったら「自分で書いたほうが圧倒的に早い」という事も言っておきます。僕も一部のアフィリエイターに大絶賛されている某リライトツールを持っていますが、ポチポチやって記事を書くのって結構面倒くさいですよ。単語をクリックして他の似た言葉と置き換えるっていう作業を何回もしなくちゃいけないし、そこからさらに自分の言葉を織り交ぜて完全オリジナルにすることも考えれば、普通に記事を書いた方が明らかに早いです。

最近だとクリック1回で文章の全てをリライトできる仕組みも搭載されました。ポチッとボタンを押すだけで文章が全て書き変わるんですが、出来上がる文章は日本語とは思えないようなグチャグチャで意味が通らない文章になってしまいます。

マジでリライトツールを使う旨味ってなんなんでしょうか。じゃあ、そこで1部の人はこういうわけですよ。

「メインサイトじゃなくてサテライトサイトに使うんだよ」と。

サテライトサイトを作るにしても「自分で書けよ」

この主張についても思う所があります。確かに主張の通り、サテライトサイトにリライトツールを使うという方法だとリスクは少ない。まあ、それでもリライトツールを使うことでリスクがあることはありますが。メインサイトに使うよりは遥かにマシです。

が、ココでも考えてほしいのはサテライトサイトでもメインでもどちらにしても「人が読む」ってことを忘れてはいけない。そのサイトに訪れる人にとって全く価値を感じさせない、それどころか文章として読めない記事ばかりのサイトってのは存在するだけ無駄なんですよ。

そういうサイトは手動ペナを食らうので。そう考えたらサテライトサイトなんて作らないほうがマシですよ。作るんならメインサイトと同じ位の品質の記事を書いて下さい。間違ってもリライトツ-ルで文章として読めない記事を書かないようにして下さい。せっかく作ってペナったら時間や労力が全て無駄になってしまいますので。それは僕のブログを読んでくれている人にはなってほしくはない。

なので、リライトツールには迂闊に手を出さないようにして下さいね。

【まとめ】そういう時代じゃねえから

2万円、3万円出してリライトツールを買うのは自由だけど、それを買ってマジで稼げると思っているのであれば冷静になって欲しいと思います。いいんですよ。別に興味本位で買ってみても。だけども、リライトツールを買う多くの人は「このツールを使って人気サイトの記事をパクッてリライトすれば簡単に月50万円は稼げるんだ」的な発想で手にしてしまっているわけですよ。

他人の記事を丸パクリしてしょうもないリライトツールで書き換えよう、っていうのは僕は好きませんし、それが仮に合法だとしてもそんなパクリ記事が検索上位に並ぶことはまずない。弱小キーワードであれば上位に来るかもしれないけども、そもそもそんなキーワードの記事をリライトしたところで、キーワードが弱いのでアクセスも見込めないわけで。

それにパクるっていうことは書いた本人には嫌われるし、最悪のケースで訴訟沙汰にもなるのでそういう用途で買おうってのは、僕はお勧めできません。

他サイトを丸パクリ&文言を多少変えて不自然にリライトした程度で、楽して稼げる時代ではないですから。リライトツールで記事を量産してアフィリエイトで結果を出し続けている人なんて、まず存在しません。リライトツールを売ってアフィリエイト報酬を得るためのセールストークをしている輩はいますが。

そういう訳で、まともに稼いでいくのであればリライトツールに余計なお金を払う必要もないし、そんなツールを使う時間が勿体無いので、真面目に記事を書いて下さいね。

これから方法を学ぶ

僕が運営しているアフィリエイト講座-革命編-。この講座では今まで常識外のアフィリエイトの成功法則を語り続け、武器となる知識やノウハウを惜しげもなく提供してきた。しかし、この講座は万人受けする場所ではない。スマホをポチポチするだけで簡単に月1000万円を稼ぐような妄想は存在しないし、間違っても「何もしないやつでも稼げる」なんて甘ったれた言葉を吐き続けるようなこともない。

この講座ではただひたすらにアフィリエイトの現実と戦うための武器提供をするだけの場所だ。講座のボリュームに反して永久無料で参加出来るようにしている。おそらくアナタは明日にはこのブログの存在を忘れているだろうし、奇跡でもない限りはこのブログには二度と訪れることすらないだろう。

もしも、本気でアフィリエイトで稼ぐ気概があるなら僕の運営しているアフィリエイト講座-革命編-に参加してみないか。戦いに身を投じる決断をするアナタに僕から祝福を。

アフィリエイト講座-革命編-の参加はコチラ

有料級の特典&教材をプレゼント中
アフィリエイト講座
-革命編-
ガチ初心者向けの
規格外の無料講座
close-link